ニュース

「Internet Explorer」のサポートポリシーが変更、古いバージョンはサポート対象外に

Windows 8の“サービス パック サポート”も終了。Windows 8.1への更新を

「Internet Explorer」のサポートポリシー変更を告知するWebサイト

 米Microsoft Corporationは12日(現地時間、以下同)、「Internet Explorer」のサポートポリシーを変更した。今後はそれぞれのOSで最新の「Internet Explorer」のみがサポートの対象となる。これに伴い「Internet Explorer 8」のサポートが打ち切られたほか、「Internet Explorer 9」をサポートするOSはWindows Vista/Server 2008のみとなった。

 「Internet Explorer」のサポートポリシーを変更した背景には、バージョンの断片化(細部が異なるものが散在して非統一になること)を防ぐ狙いがある。古いWebブラウザーがいつまでも使われていると製造元のサポートコストが高まるだけでなく、開発者側の動作検証に費やされるコストも無視できないものになる。また、古いブラウザーではサポートされていない新しい技術を開発者が積極的に採用するのが難しくなり、技術革新を阻害してしまうという問題も指摘されている。さらに、ユーザーの側も最新のセキュリティ技術の恩恵を受けられないなどのデメリットを抱えることになる。

 そこで同社では、自動更新機能を有効化し、常に最新の「Internet Explorer」を利用するように呼び掛けている。12日以降サポートされるWindowsと「Internet Explorer」の組み合わせは以下の通り。

Windowsのバージョン Internet Explorerのバージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8 (Windows 8.1へのアップデートが必要)
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11
Windows 10 Internet Explorer 11

 なお、「Windows 8」の“サービス パック”に相当する「Windows 8.1」が一般公開から2年が経過したことにより、「Windows 8」の“サービス パック サポート”も12日で打ち切られているので注意。引き続きサポートを受けるには、「Windows 8.1」へのアップデートが必要となる。