ニュース

「やねうら王」作者による人間の棋譜を用いない将棋AI「ひまうら王」が公開

「将棋所」の思考エンジンとして利用可能

「ひまうら王」(「将棋所」で自己対戦させた様子)

 人間の棋譜を用いない将棋AI「ひまうら王」のバイナリが、12月25日に公開された。現在、作者のWebサイトから無償でダウンロード可能。

 「ひまうら王」は“人間の棋譜を用いずに、駒得のみの評価関数のソフト(「ひようら王」)を自己対戦させた棋譜などからの学習のみでどれだけ強くなるのか”という実験から生まれた将棋AI。強豪コンピューター将棋ソフト「やねうら王」の生みの親・やねうらお氏によって開発されており、公開されたバージョンは将棋レーティングでR2600程度の実力をもつという。

 「将棋所」の思考エンジンとして利用可能で、“Intel AVX2”に対応したCPUが必要(Haswell世代以降のIntel製CPUで利用可能)。また、空きメモリが1GB程度必要となる。

ソフトウェア情報

「ひまうら王」
【著作権者】
やねうらお 氏
【対応OS】
(編集部にてWindows 10で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
20151225(15/12/25)