ニュース

Microsoft、「Windows 10 Insider Preview」Build 11082をリリース

今後は“Fast”ビルドのリリース間隔が短縮される見込み

「Windows 10 Insider Preview」Build 11082

 米Microsoft Corporationは16日(現地時間)、Windows 10の最新プレビュー版「Windows 10 Insider Preview」Build 11082を“Windows Insider Program”の“Fast”リングの参加ユーザーに対して公開した。

 11月のメジャーアップデート“バージョン 1511”以降初めての「Insider Preview」となる本ビルドだが、目立った変更や新機能の追加はなく、“バージョン 1511”で寄せられたフィードバックに基づく改良に焦点が当てられているという。

 そのほかにも、“OneCore”と呼ばれるWindows 10の中核部分における構造的な改善が盛り込まれているという。この部分はPCやタブレット、スマートフォン、IoT(通信機能をもつさまざまなデバイス)、Hololens、Xboxなどで共通となる部分であり、ここでの改善はこれらすべてのプラットフォームで効果を発揮するはずだ。

 また、同社は“Fast”ビルドのリリース間隔を短縮する計画を明らかにしている。今後リリースされる“Fast”リングのビルドは、Microsoft社内でテストされる“Internal”リングのビルドと近いものになるという。そのため、“Fast”リングのユーザーはこれまで以上に早くWindows 10の新機能と改善に触れることができるだろう。その一方で、不具合に遭遇する危険も高まることが予想される。より安定した「Insider Preview」を試したい場合は、アップデートのレベルを“Slow”に切り替えることが推奨されている。