ニュース

Mozilla、「Firefox 43」を正式公開。Windows向け64bit版インストーラーが登場

アドレスバーでの検索キーワードサジェストやブロックリストの切り替えをサポート

「Firefox」v43.0
公式のダウンロードページにWindows向け64bit版パッケージが追加

 Mozillaは15日、Webブラウザー「Firefox」の最新安定版となるv43.0を公開した。Windows/Mac/Linuxなどに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在MozillaのWebサイトからダウンロード可能。Windows版は窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。

 本バージョンでは、Windows向け64bit版パッケージが追加された。これまでもFTPサーバーから入手することはできたが、公式のダウンロードページで提供されるのは「Firefox 43」が初めてとなる。

 また、機能面では検索キーワードのサジェストがアドレスバー(Awesome Bar)で利用できるようになった。初回利用時に検索候補の表示を許可すると、次回から検索履歴とともに検索キーワードの候補もいくつかサジェストしてくれるようになる。

機能面では検索キーワードのサジェストがアドレスバーで利用できるように

 さらに、「Firefox 42」で搭載されたプライベートブラウジングのトラッキング防止が拡充。同機能で利用するブロックリストを[オプション]画面の[プライバシー]欄で選べるようになった。初期状態では互換性をある程度考慮した“簡易ブロック”が選択されているが、プライバシーを重視した“厳重ブロック”を選ぶこともできる。

プライベートブラウジングのトラッキング防止で利用するブロックリストを選択

 そのほかにも、テキスト入力時にオンスクリーンキーボードが自動で表示されるよう、Windows 8以降のタブレット端末における使い勝手を改善。また、M4Vビデオ再生のサポートや、ヘルスレポート機能をテレメトリなどと同じデータ収集機構への統合するといった改善が施されている。

 なお、本バージョンでは16件の脆弱性が修正されているので注意。深刻度の内訳はMozillaの基準で4段階中最も高い“最高”が4件、2番目に高い“高”が7件、3番目に高い“中”が3件、最低の“低”が2件となっている。

ソフトウェア情報

「Firefox」Windows向け安定版
【著作権者】
contributors to the Mozilla Project
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/7/8/10および64bit版の7以降
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
43.0(15/12/15)