ニュース

「Dropbox」の最新安定版v3.12が公開、コメントの通知に対応

メモリ使用量の削減やWindows 10のデータ保護機能“EDP”のサポートなども

「Dropbox」v3.12.4

 米Dropbox Inc.は、オンラインストレージサービス“Dropbox”のデスクトップ向けクライアントソフト「Dropbox」の新しい安定版v3.12を公開した。Windows/Mac/Linuxに対応するフリーソフトで、現在、最新版のv3.12.4が同社のWebサイトからダウンロード可能。Windows版は窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。

 v3.12では、新たにコメントの通知がサポートされた。共有しているドキュメントに対して他のユーザーがコメントを追加すると、デスクトップへそれが通知される。また、メイン画面からも通知を確認することも可能。

 さらに、“Dropbox バッジ”機能も拡充。ドキュメントが共有されているかどうかや、変更されているかどうか、共有のパーミッション(権限)などをチェックする機能が搭載されたほか、“バッジ”からファイルをメールで送信する機能が追加された。編集部にて試用したところ、これらの機能の存在は確認できなかったが、近いうちに有効化されるものと思われる。

コメントの通知に対応
“Dropbox バッジ”

 そのほかにも、メモリ使用量の削減やWindows 10のデータ保護機能“Enterprise Data Protection(EDP)”のサポートといった改善が施された。

ソフトウェア情報

「Dropbox」Windows デスクトップ版
【著作権者】
Dropbox Inc.
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
3.12.4