ニュース

ドライブレターのないドライブの測定をサポートした「CrystalDiskMark」v5.1.0

特別版“Shizuku Edition”には新しいテーマ“WebRadio”が追加

「CrystalDiskMark」v5.1.0

 ストレージベンチマークソフト「CrystalDiskMark」の最新版v5.1.0が、3日に公開された。今回のアップデートでは、リリース当初より要望が高かったドライブレターが割り当てられていないドライブの測定をサポート。権限などの関係でルートフォルダーへフォルダーが作成できない場合であっても、適切なフォルダーを選択することでベンチマーク処理を行えるようになった。

 そのほかにも、ユーザーインターフェイス関連では75%表示に対応。公式応援キャラクター“水晶雫”が登場する特別版“Shizuku Edition”には、新テーマ“WebRadio”が追加された。大きなヘッドフォンをつけて台本を読む“水晶雫”の姿がかわいらしい。

 なお、コンパイラーが「Visual C++ 2015 Update1」へ変更されたが、ベンチマーク処理の部分には影響がないという。

 「CrystalDiskMark」は、64bit版を含むWindows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8/Server 2012/8.1/10に対応するフリーソフトで、現在、作者のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

ソフトウェア情報

「CrystalDiskMark」
【著作権者】
ひよひよ 氏
【対応OS】
64bit版を含むWindows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8/Server 2012/8.1/10
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
5.1.0(15/12/03)