ニュース

“メディアツールバー”を追加したWindows デスクトップ版「Skype」v7.16が公開

URLのプレビュー機能がWindows デスクトップ版でも順次利用可能に

「Skype for Windowsデスクトップ」v7.16.0.101

 米Microsoft Corporation傘下のSkypeは3日(協定世界時)、インスタントメッセンジャー“Skype”のデスクトップ版「Skype for Windowsデスクトップ」v7.16.0.101を公開した。64bit版を含むWindows XP/Vista/7/8/8.1/10に対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。

 本バージョンでは、さまざまなコンテンツを手軽に共有するための“メディアツールバー”がインスタントメッセージの入力欄に追加された。

 “メディアツールバー”へアクセスするには、絵文字や“Moji”を追加するボタンの左隣に追加された[その他]ボタン(クリップ型のアイコン)を押す。すると、画像やファイル、ビデオメッセージ、連絡先などを送信するためのボタンを搭載したツールバーが現れる。フォーカスを失うと自動的に非表示となるため、インスタントメッセージを書く際にも邪魔にならない。

さまざまなコンテンツを手軽に共有するための“メディアツールバー”がインスタントメッセージの入力欄に追加

 また、同社はURLのプレビュー機能を「Skype for Windowsデスクトップ」向けにロールアウトしたを明らかにした。これは「Skype」でURLを共有した際に、URLの代わりにWebページのイメージやコンテンツのプレビューを表示する機能。モバイル向け「Skype」ではすでに運用が開始されており、これがWindows デスクトップでも順次利用可能になるという。

ソフトウェア情報

「Skype for Windowsデスクトップ」
【著作権者】
Skypeおよび/またはMicrosoft
【対応OS】
64bit版を含むWindows XP/Vista/7/8/8.1/10
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
7.16.0.101(15/12/03)