ニュース

解凍・圧縮ソフト「7-Zip」v15.12が公開、5年ぶりの正式リリース

各種イメージへの対応を拡充。パフォーマンスの改善と不具合の修正も

「7-Zip」v15.12

 解凍・圧縮ソフト「7-Zip」の最新版v15.12が、19日に公開された。2010年11月にリリースされたv9.20以来となる5年ぶりの正式版となる。

 「7-Zip」は、7z形式の書庫ファイルを解凍・圧縮するためのツール。ZIP/GZIPなどの書庫ファイルの解凍・圧縮も可能で、解凍だけであればARJ/CAB/LZH/RARなどの形式にも幅広く対応する。さらに、ISO形式のイメージファイルやVHD形式の仮想ディスクイメージの展開も可能。「WinZIP」や「WinRAR」などと異なり、オープンソースであることも大きな特徴と言える。ライセンスはGNU LGPLで、RARに関わる部分のみいくつかの制限がある。

 今回のメジャーバージョンアップでは、Linuxのファイルシステムとして使われているext2/ext3/ext4のイメージの抽出をサポート。VMDK/VDI形式などの仮想ディスクイメージやRAR5書庫ファイルの抽出にも対応するなど、対応形式が大きく拡充された。

 そのほかにも、パフォーマンスの改善と不具合の修正、代替データストリームへの対応をはじめとするNTFSサポートの拡張などが行われている。

 「7-Zip」は64bit版を含むWindows NT/2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8/Server 2012/10に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在「7-Zip」の公式サイトからダウンロード可能。そのほかにも、Linuxで動作する「p7zip」などが用意されている。

ソフトウェア情報

「7-Zip」Windows版
【著作権者】
Igor Pavlov 氏
【対応OS】
64bit版を含むWindows NT/2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8/Server 2012/10
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
15.12(15/11/19)