ニュース

プロ向けの電子回路・プリント基板の設計ツール「Quadcept」に無償版が登場

電子工作などに興味をもつ学生や個人をターゲットにした機能限定版

「Quadcept Community」v9.0.0.0

 Quadcept(株)は10日、電子CADソフト「Quadcept」の無償版「Quadcept Community」を公開した。64bit版を含むWindows Vista/7/8/10に対応しており、動作には.NET Framework 3.5が必要。現在、同社のWebサイトからダウンロードできる。

 「Quadcept」は、プロフェッショナル向けの電子回路・プリント基板の設計ツール。回路設計や基板設計、基板製造、部品ライブラリなどの機能がクラウドベースで提供されているのが特徴で、設計者は設計から部品発注、製造までをCAD画面上からワンストップで行うことが可能。ユーザーフレンドリーな画面デザインと、サブスクリプション方式で初期導入コストを抑えられる点などが評価され、導入の成功事例は18,000件を超えるという。

 今回公開されたの「Quadcept Community」は、電子工作などに興味をもつ学生や個人をターゲットにした機能限定版。非商用に限り無償で利用可能で、モノ作りのアイデアを形にしたいユーザーの応援を目的に公開したという。日本語以外にも、英語と中国語がサポートされている。

 なお、本ソフトをダウンロードするには、無償で発行してもらえる“Quadcept”のアカウントが必要。

ソフトウェア情報

「Quadcept Community」
【著作権者】
Quadcept Inc.
【対応OS】
64bit版を含むWindows Vista/7/8/10
【ソフト種別】
フリーソフト(非商用のみ)
【バージョン】
9.0.0.0(15/11/10)