ニュース

「Google Chrome」のWindows XP/Vistaサポートが終了。更新の提供は2016年4月まで

Mac OS X 10.6/10.7/10.8への対応も打ち切り

公式ブログ“Google Chrome Blog”

 米Google Inc.は10日(現地時間)、公式ブログ“Google Chrome Blog”でWebブラウザー「Google Chrome」のWindows XPサポートを打ち切る方針を明らかにした。

 Microsoft社によるWindows XPのサポートは、2014年4月8日の時点ですでに打ち切られている。しかし、Google社は独自に「Google Chrome」のWindows XPサポートを1年延長し、アップデートの提供を続けていた。2015年4月にはこれがさらに延長され、年内のサポート継続を明言している

 しかし、Microsoft社によるWindows XPのアップデート提供が終了してすでに久しく、ウイルスやマルウェアに感染する危険性が高い。できるだけ早急に最新のOSへアップデートするのが賢明だろう。

 なお、今後もWindows XPで「Google Chrome」を利用し続けることは可能だが、2016年4月以降はアップデートやセキュリティ修正を受け取ることができなくなるという。また、Windows VistaやMac OS X 10.6、10.7および10.8のサポートも打ち切られるとのこと。これらの環境に対してもWindows XPと同様の処置がとられるようだ。