ニュース

Google、「Google Chrome」の“通知センター”を廃止する方針を明らかに

Chrome OS版ではサポートを継続

「Google Chrome」の“通知センター”(「Google Chrome 28」)

 米Google Inc.は14日(現地時間)、「Google Chrome」の“通知センター”を廃止する方針を明らかにした。

 「Google Chrome」は2010年から通知機能をサポートしており、Chromeアプリや拡張機能はWeb標準化される以前からプッシュ通知を受け取ることができた。しかし、デスクトップではユーザーが席を外していることが少なくなく、その間の通知は見ることができない。そのため2013年、「Google Chrome」に“通知センター”が実装された。Chromeアプリや拡張機能からの通知を集約しストックしておける“通知センター”があれば、ユーザーはいつでも見逃した通知をチェックすることができるはずだった。

 ところが、“通知センター”が実際に利用されることはあまりなかったようだ。そこでGoogleは「Google Chrome」をシンプルに保つため、今後リリースされる「Google Chrome」で“通知センター”を削除することにしたという。“通知センター”にのみ送られた通知はエラーとなるほか、“通知センター”に関連するAPIは利用できなくなるのでChromeアプリや拡張機能の開発者は注意が必要だ。

 なお、“通知センター”が削除されるのはWindows/Mac/Linux版のみで、Chrome OS版では引き続き“通知センター”が利用できるとのこと。また、その他の通知機能は今後も利用可能で、これまで通り動作するという。