ニュース

Mozilla、2016年末までに「Firefox」から“NPAPI”サポートを削除する方針を明らかに

「Adobe Flash Player」プラグインは例外

公式ブログ“Future Releases”

 Mozillaは8日、公式ブログ“Future Releases”で、2016年末までに「Firefox」から“NPAPI”プラグインのサポートを削除する方針を明らかにした。

 この決定は「Google Chrome」や「Microsoft Edge」といったモダンブラウザーがレガシープラグインのサポートを削除している状況を受けてのもの。“NPAPI”の設計は時代遅れになりつつあり、ブラウザーのクラッシュやハングアップ、セキュリティ問題、メンテナンス性の低下などを引き起こす原因になっていることが指摘されていた。

 なお、今後リリースされる新しいプラットフォーム向けの「Firefox」には“NPAPI”プラグインのサポートが追加されないとのこと。たとえば、将来リリースされる予定の64bit版「Firefox」では、“NPAPI”プラグインが利用できない。

 また、「Adobe Flash Player」プラグインに関してのみは例外が適用され、これまで通りサポートが続けられるという。