ニュース

絵文字のカラー表示に対応した「秀丸エディタ」の最新版v8.54が公開

業務配布向けのサイレントインストールにも対応

「秀丸エディタ」v8.54

 (有)サイトー企画は6日、定番テキストエディター「秀丸エディタ」の最新版v8.54を正式公開した。本バージョンでは、Windows 8.1以降の環境で絵文字のカラー表示に対応した。

 絵文字をカラーで表示するには、まず[動作環境]ダイアログで[上級者向け設定]チェックボックスをONにする。次に[表示/操作]−[文字の描画]画面を開き、[3Dグラフィックスアクセラレータによる文字の描画]チェックボックスをONにすると選択可能になる[カラー絵文字]チェックボックスをONにすればよい。

従来の表示
カラー表示をONにしたところ

 また、業務配布向けのサイレントインストールにも対応した。サイレントインストールは、インストールの画面を経ずに「秀丸エディタ」をインストールするための機能。社内のPCなど、複数のPCにインストールする場合に、インストールの手間を軽減することができる。サイレントインストール時のオプションについては同社のWebページ上に詳細が記載されている。

 そのほか、秀Tagsをマルチスレッド化して高速化するといった機能の改善などが行われている。

 「秀丸エディタ」は、Windows 98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003/Vista/7/8/8.1/10に対応する4,320円(税込み)のシェアウェアで、現在同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

ソフトウェア情報

「秀丸エディタ」
【著作権者】
(有)サイトー企画
【対応OS】
Windows 98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003/Vista/7/8/8.1/10
【ソフト種別】
シェアウェア 4,320円(税込み)
【バージョン】
8.54(15/08/06)

(市川 祐吉)