ニュース

Google、MS Officeから直接Google ドライブへ保存できるアドインを無償公開

「Word」「Excel」「Power Point」のドキュメントストレージを“Google ドライブ”に

「Google ドライブ プラグイン for Microsoft Office」

 米Google Inc.は21日(現地時間)、「Microsoft Office」用のアドイン「Google ドライブ プラグイン for Microsoft Office」を無償公開した。現在、同社のWebサイトからダウンロード可能。

 「Google ドライブ プラグイン for Microsoft Office」は、「Microsoft Office」で編集したオフィス文書を直接“Google ドライブ”へ保存できるようにするアドイン。“Google ドライブ”に保存されているドキュメントを「Microsoft Office」から直接開いて編集することも可能。“Google ドライブ”のデスクトップクライアントをインストールしていない環境でも、“Google ドライブ”と「Word」「Excel」「Power Point」をシームレスに連携させることができる。

 本アドインをインストールして“Google アカウント”でログインし、「Microsoft Office」を起動すると、リボンに[GOOGLE ドライブ]タブが追加される。このリボンタブにあるボタンを利用すると、編集中のドキュメントを“Google ドライブ”から開いたり、“Google ドライブ”へドキュメントを保存することが可能。また、ドキュメントを他のユーザーと共有したり、“Google ドライブ”上でリネーム・移動することもできる。

「Google ドライブ プラグイン for Microsoft Office」をインストール。“Google アカウント”でログインする必要がある
“バックステージビュー”とも統合

 さらに[ファイル]メニューを押すと現れる“バックステージビュー”とも統合されており、「Microsoft Office」にビルトインされている“OneDrive”と同様、ドキュメントのストレージとして“Google ドライブ”を利用することができる。

 「Google ドライブ プラグイン for Microsoft Office」は、「Microsoft Office 2007」「Microsoft Office 2010」「Microsoft Office 2013」の「Word」「Excel」「PowerPoint」に対応しており、「Office 365」でも利用可能。

ソフトウェア情報

「Google ドライブ プラグイン for Microsoft Office」
【著作権者】
Google Inc.
【対応OS】
(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
-(15/07/21)