ニュース

「Skype」で特定の文字列を送受信するとクラッシュする不具合

Windows デスクトップ版、iOS/Android版などに影響

Windows デスクトップ版「Skype」

 インスタントメッセンジャー「Skype」で、特定の文字列を送信するとクラッシュする不具合が発見され、一部で話題になっている。

 編集部にて確認したところ、Windows デスクトップ版「Skype」(v7.4およびv7.5)で“http://:”というテキストを送信すると、クライアントが強制終了してしまった。また、受信する場合も同様にクラッシュしてしまうようだ。iOS/Android版などの他のプラットフォームの「Skype」でも、同様の不具合が見られるという。

 この問題はクライアント側の不具合に起因するようで、Windows ストアアプリ版などには影響しない。修正版がリリースされるまでは、代わりにそちらを利用するとよいだろう。