ニュース

オープンソースの国産・無料グループウェア「Aipo」の最新版「Aipo8」が公開

メッセージ・プロジェクト管理・Wiki・Webデータベースといった新機能を搭載

「Aipo」v8.0.0.0
さまざまな情報をタイムラインとして集約表示。画面へ自由にレイアウトできる

 (株)エイムラックは8日、インストールするだけですぐに使える本格的なグループウェア“アイポ(Aipo)”シリーズの最新版「Aipo8」を公開した。32bit版および64bit版のWindows/Linuxに対応するフリーソフトで、現在本ソフトの公式サイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

 「Aipo」は、日本で開発されたオープンソースのグループウェア。他のグループウェアに比べてインストールが簡単で、予定やタスクの追加、お知らせといった情報がTwitter/Facebookのようなタイムラインとして集約表示されるのが使いやすい。また、マウスで簡単に操作できる高機能なスケジューラー機能などを備えており、画面へ自由にレイアウトできる。また、スマートフォンやタブレットでも快適に利用できるのも便利。

 約2年半ぶりのバージョンアップとなる「Aipo8」では、PC・スマートフォン・タブレット向けのユーザーインターフェイスが大幅にリニューアルされ、リソースの最適化によるパフォーマンス向上やおもにスマートフォンにおける使い勝手の改善、不具合の修正などが図られた。

 また、機能面では“メッセージ”機能が追加されたのが目玉。特定のメンバーとテキストメッセージをやり取りしたり、指定したメンバーで“ルーム”を作成して会議を行うことができる。新着の確認も簡単で、メールなどを使わずとも「Aipo」のみでコミュニケーションを完結させることができる。

特定のメンバーとメッセージをやり取りしたり、指定したメンバーで“ルーム”を作成できる“メッセージ”機能

 そのほかにも、複数のタスクの割り振りと進捗管理を行う“プロジェクト管理”や誰でも編集可能で情報の共有に便利な“Wiki”、特定の形式でデータを管理して共有できる“Webデータベース”といった機能を新たに搭載。とくに“プロジェクト管理”機能はガントチャート表示にも対応しており、プロジェクト全体の進行状況を把握するのに便利だ。

“プロジェクト管理”や“Wiki”、“Webデータベース”といった新機能を搭載
“プロジェクト管理”機能はガントチャート表示にも対応

 なお、本ソフトを利用するにはインストール時に案内される方法に従って“UAC(ユーザーアカウント制御)”機能を無効化する必要があるので注意。

ソフトウェア情報

「Aipo」Windows版
【著作権者】
(株)エイムラック
【対応OS】
64bit版を含むWindows 7/Server 2008 R2/8.1/Server 2012 R2
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
8.0.0.0(15/04/08)