ニュース

老舗テキストエディター「サクラエディタ」v2.2.0.0が公開、ミニマップ機能などを追加

マルチプロファイル、ファイルツリー、GREP置換などの機能も搭載

「サクラエディタ」v2.2.0.0

 オープンソースの老舗テキストエディター「サクラエディタ」の最新版v2.2.0.0が、22日に公開された。64bit版を含むWindows 2000/XP/Vista/7/8に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 8.1で動作を確認した。現在、必要なファイルをZIP形式で圧縮した“単体配布版”が“SourceForge.net”から無償でダウンロードできる。

 本バージョンではマルチプロファイル機能が追加され、設定の異なる「サクラエディタ」を複数切り替えて利用できるようになった。また、v2.1.1.0で追加された偶数行の背景色を設定する機能が改善され、テキストの最終行以降も適切に背景色がレンダリングされるようになったほか、罫線(ノート線)を描画する機能が追加された。

 加えて、ミニマップ機能やファイルツリー機能が搭載された。ミニマップとは、ソースコードの全体を縮小表示し、編集中のソースコードが全体からみてどの位置にあるのかを把握しやすくする機能で、「Sublime Text」や「Visual Studio」などでも人気となっている。ミニマップへカーソルを移動させれば、その位置にあるコードをツールチップで表示することも可能。

罫線を描画
ミニマップ機能

 さらに、GREP置換に対応。そのほかにも、さまざまな機能改善や不具合修正が施されている。

ソフトウェア情報

「サクラエディタ」Unicode版
【著作権者】
Norio Nakatani & Collaborators、たけ(竹パンダ) 氏
【対応OS】
64bit版を含むWindows 2000/XP/Vista/7/8(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.2.0.0(15/02/22)