ニュース

Microsoft、Windowsデスクトップ向け無償版「OneNote 2013」の機能制限を撤廃

パスワード保護、ページ履歴、録音・録画、ファイル埋め込みといった機能が利用可能に

公式ブログ“Office Blogs”

 米Microsoft Corporationは13日(現地時間)、Windowsデスクトップ向けに提供されている無償版「OneNote 2013」の機能制限をほぼ撤廃したことを、公式ブログ“Office Blogs”で明らかにした。本ソフトは昨年4月に無償化されたが、一部のプレミアム機能は有償版に限定されていた。

 「OneNote」は、Microsoft製のデジタルノートアプリ。Webブラウザーから利用できる“OneNote Online”に加え、Windowsデスクトップ版、Windows ストアアプリ版、Windows Phone版、Mac版、iPad版、iPhone版、Android版のネイティブクライアントソフトがラインナップされており、いずれも無償で利用可能。作成したノートは、同社の提供するオンラインストレージサービス“OneDrive”を介して複数の環境で同期することができる。

 今回新たに利用できるようになったプレミアム機能は、セクションにパスワードをかける、ページの編集履歴を参照する、録音・録画、録音・録画された音声の検索、ノートブックへのファイルの埋め込みといった機能。ただし、無償版は“Microsoft アカウント”が必須となっているほか、ノートブックをローカルへ新規作成することはできず、“OneDrive”の利用が前提となっているので注意。

 Windowsデスクトップ向けの無償版「OneNote 2013」はWindows 7/8に対応しており、現在本ソフトの公式サイトからダウンロードできる。

2月17日追記:なお、日本マイクロソフトへ問い合わせたところ、無償版「OneNote 2013」を商用で利用することは認められていないとのこと。商用で利用する場合は、業務利用が認められたエディション(「Microsoft Office Home and Business 2013」に付属の「OneNote」など)を別途購入する必要がある。