ニュース

「Opera 27」が正式版に。ヘビーユーザーにうれしい新機能“タブメニュー”を追加

レンダリングエンジン“Blink”が「Google Chrome 40」相当に

「Opera」v27.0.1689.54

 ノルウェーのOpera Software ASAは、デスクトップ向けWebブラウザー「Opera」の最新正式版v27.0.1689.54を公開した。本ソフトはWindows XP以降に対応するフリーソフトで、編集部にて64bit版のWindows 8.1で動作を確認した。現在、同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

 「Opera 27」では、レンダリングエンジン“Blink”が「Google Chrome」の最新安定版v40.0.2214.91相当へと更新され、多数の脆弱性が修正されている。なるべく早めに更新しておきたい。

 そのほかにも「Opera 27」では、“スピードダイヤル”画面のナビゲーションパネルのデザインが改善された。パネルの背景が半透明で暗くなったおかげで、明るいテーマを使っていてもボタンが視認しやすい。

 また、タブバーの右端に“タブメニュー(Tab menu)”が追加された。このタブメニューでは現在開いているタブがプルダウンメニュー形式で一覧表示されており、タブを切り替えたり、不要なタブを閉じることが可能。タブを選択するとプレビューが表示されるので、内容を確認しながらタブを切り替えることができる。タブをたくさん開きっぱなしにするユーザーにとってはうれしい機能だろう。

“スピードダイヤル”画面のナビゲーションパネルのデザインが改善
現在開いているタブをプルダウンメニュー形式で一覧表示する“タブメニュー”

ソフトウェア情報

「Opera」Windows 版
【著作権者】
Opera Software ASA
【対応OS】
Windows XP以降(編集部にてWindows 8.1で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
27.0.1689.54