ニュース

Mozilla、メールソフト「Thunderbird」の最新安定版v31.4.0を公開

3件の脆弱性を修正。アドオンのインストール処理が改善され、「Firefox」と共通に

「Thunderbird」v31.4.0

 Mozillaは13日、メールソフト「Thunderbird」の最新安定版v31.4.0を公開した。今回のアップデートでは、3件の脆弱性が修正された。深刻度の内訳はMozillaの基準で4段階中最も高い“最高”が1件、3番目に高い“中”が1件となっており、なるべく早めのアップデートが必要だ。

 そのほかにも、アドオンのインストール処理が改善された。これまでは“アドオン マネージャー”からアドオンをインストールする際、一度XPIファイルをダウンロードして、再度読み込む必要があったが、「Firefox」と同様の手順で直接「Thunderbird」へインストールできるようになっている。

「Thunderbird」v31.3.0でのアドオンのインストール
「Thunderbird」v31.4.0でのアドオンのインストール。一度ファイルとして保存する必要なくなり、直接インストールできるように

 「Thunderbird」は、Windows XP/Server 2003/Vista/7/8および64bit版のVista/7などに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在MozillaのWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

お詫びと訂正:記事初出時、脆弱性の数に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

ソフトウェア情報

「Thunderbird」
【著作権者】
contributors to the Mozilla Project
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/7/8および64bit版のVista/7など
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
31.4.0(15/01/13)