ニュース

クラウドホームページ作成サービス“BiND Cloud”がアップデート

リアルタイムに更新される“Instagram”アルバムの埋め込みに対応。容量も大幅に増加

“BiND Cloud”

 (株)デジタルステージは16日、Webブラウザー上で簡単にWebサイトが制作できるオンラインホームページ作成サービス“BiND Cloud(バインド・クラウド)”をアップデートした。

 “BiND Cloud”は、HTMLやCSSなどの専門知識を持たないユーザーでも扱えるWebサイト制作ソフト「BiND for WebLiFE*」を、Webブラウザーで利用できるようにしたクラウドサービス。利用プランは作成したホームページを公開できるホスティングサービスとセットになっており、ユーザーのニーズに合わせて“エントリー(月額480円)”“プロ(月額2,980円など)”“ビジネス(月額9,800円など)”の3コースが用意されている。入門者向けの“エントリー”コースでも、ショッピングカートや日本語Webフォントなどの機能が利用可能だ。

 今回のアップデートでは、画像共有サービス“Instagram”のタイムラインをページに埋め込める機能が追加された。このタイムラインはリアルタイムに更新される。また、“LINE”“Pinterest”“Tumblr”などといった人気のSNSボタンへ新たに対応している。

 さらに、各コースのサーバー容量が大幅に増加。たとえば、“エントリー”コースでは100MBから一挙に1GBへと拡充された。そのほかにもアプリケーションの高速化や直接CSS編集できるリソースエディタの追加、テンプレートの拡充を図るなどといった機能強化が施されている。