ニュース

ドライバーを一括更新できる「Driver Booster」がメジャーバージョンアップ

ドライバーの復元機能やFlash/Javaの更新機能を追加。プレビュー版Windows 10にも対応

「「Driver Booster 2 Free」」v2.0.3.68

 米IObit Information Technology(日本代理店(株)エクサゴン)は30日(日本時間)、インストールされているドライバーを最新版へ一括更新できるソフト「Driver Booster」の最新版「Driver Booster 2」を公開した。本バージョンではインターフェイスが改善されたほか、ゲームドライバーのスキャン機能が追加されている。

 ゲームドライバーのスキャン機能を利用すれば、DirectXや「Adobe Flash Player」、「Java Runtime Enviroemnt」といったランタイムが最新バージョンになっているかどうかをチェックし、バージョンが古ければまとめてアップデートすることが可能。「Adobe Flash Player」や「Java Runtime Enviroemnt」の脆弱性はとくに狙われやすいので、本ソフトのようなツールを活用して常に最新版へしておくことは極めて重要だ。

 さらに、ドライバーの復元機能が追加されたのも大きな変更点。ドライバーを更新して万が一問題が発生した場合は、当該ドライバーのみを元のバージョンへロールバックすることができる。ロールバックしたドライバーは[除外]コマンドで除外リストに登録しておけば、ドライバーの一括更新時にアップデートの対象外とすることが可能。

 そのほかにもドライバーのデータベース拡充、ドライバーのダウンロード速度の高速化、サイレントインストールの軽量化、インストーラーおよびドライバーのインストールパッケージサイズの削減といった改善が施された。また、現在テスト公開されている「Windows 10 Technical Preview」にも対応しているとのこと。

 「Driver Booster 2」は、Windows XP/Vista/7/8/8.1に対応しており、無償版の「Driver Booster 2 Free」に加え、対応デバイスを拡充するなど機能を強化した有償版「Driver Booster 2 PRO」(3ライセンス、税込み3,685円)がラインナップされている。11月10日までなら、リリース記念の特価2,980円(税込み)で購入可能だ。

お詫びと訂正:記事初出時、リリース記念の特価キャンペーンの期間を11月20日までとお知らせしていましたが、11月10日までの誤りでした。お詫びして訂正いたします。

ソフトウェア情報

「Driver Booster 2 Free」
【著作権者】
IObit Information Technology
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/8/8.1
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.0.3.68(14/10/30)