ニュース

Office 365付属のOneDriveが無制限に。日本のOffice Premium/Office 365 Soloなども対象

今後数カ月にわたって順次展開される予定

日本語公式ブログ“Office Blogs”

 米Microsoft Corporationは27日(現地時間)、これまで“Office 365”ユーザー向けに提供してきた1TBの“OneDrive”ストレージを無制限にすることを明らかにした。29日(日本時間)付けで公開されたOffice製品の日本語公式ブログ“Office Blogs”によると、この施策は一般消費者向けに日本市場のみで提供している“Office Premium”“Office 365 Solo”なども対象になるという。

 “Office Premium”は、PCへのプリインストールで提供される。ライセンスはプリインストールされたPCで利用する場合に限り永続し、1年間の“Office 365 サービス”が付属する。

 “Office 365 サービス”の有効期間内は常に最新版のPC版「Microsoft Office」が利用できるほか、iPad版「Office」(2台まで、2014 年中に提供開始予定)の利用、1TBの“OneDrive”、「Skype」の無料通話、テクニカルサポートなどといった特典が得られる。この特典は1年ごとに延長することも可能で、価格は「Microsoft Office Personal」搭載PCの場合で年額6,264円(税込み)となっている。

 一方、“Office 365 Solo”は、2台までのPCで最新版の「Microsoft Office」が利用できるパッケージ。こちらも1年ごとの更新制になっており、“Office Premium”の“Office 365 サービス”と同様の特典が得られる。参考価格は年額11,800円(税抜き)。

 今回の施策は、この“Office 365 サービス”に付属する1TBの“OneDrive”ストレージが対象。今後数カ月にわたって順次展開される予定だが、プレビューに参加することで一足早く恩恵を受けることもできる。