ニュース

ゼンリン、秋葉原の街をリアルに再現した3Dモデルデータを無償公開

「EFFY」開発元の同人サークルより本データを利用したフライトゲームが早速登場

「Japanese Otaku City」のWebデモ

 (株)ゼンリンは27日、同社の地図データにもとづき秋葉原の街を再現した3Dモデルデータ「Japanese Otaku City」を無償公開した。現在、“Unity アセットストア”からダウンロードできる。

 同社はこれまでゲーム開発企業に地図データを提供していたほか、ゲーム開発イベントなどで限定的にデータを提供するなど、ゲーム開発者を支援してきた。そうした活動を通じ、改めてゲーム開発における地図の有用性を確認できたとして、9月2日より国内主要都市の街並みを再現したリアルな3Dモデルデータをゲーム開発企業などに販売するという。

 今回公開された秋葉原のデータは、その無償版という位置付け。秋葉原駅を中心に約625m×約625mのエリアが収録されており、“クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス”で提供されるため、クレジットの表示を条件に営利目的を含め自由に利用することが可能だ。本データの公式サイトでは、「Unity WebPlayer」によるデモをプレイすることもできる。

「Japanese Otaku City R/C Flight」
スペースキーでオプション画面を表示し、グラフィックやキーコンフィグの設定が可能。各種ゲームコントローラー向けのプリセットも用意されている

 また本データの公開を受け、フライトシューティングゲーム「EFFY one of unreasonable "if"」などで知られる同人ゲームサークルProject ICKXは28日未明、フライトゲーム「Japanese Otaku City R/C Flight」を無償公開した。実際に秋葉原の上空を飛び回り、好きな場所に着陸することも可能。

 同サークルは3Dフライトシューティングフレームワーク「alternator」を開発しており、本作はこれをベースとしたものだが、オリジナルの管制メッセージがボイスで収録されるなど、データ公開から1日足らずでのリリースとは思えない凝った内容となっている。