ニュース

Microsoft、IEのサポートを各OSで動作する最新版に限定する方針を明らかに

2016年1月12日より実施。「Internet Explorer 8」のサポートは終了へ

公式ブログ“IEBlog”

 米Microsoft Corporationは7日(現地時間)、公式ブログ“IEBlog”で、「Internet Explorer」の新しいサポートライフサイクルポリシーを発表した。2016年1月12日より、それぞれのOSで利用可能な最新の「Internet Explorer」のみがテクニカルサポートとセキュリティアップデートの提供対象となる。

 この施策は「Internet Explorer」のバージョンの断片化を防ぐためのもの。同社では、自動更新機能を有効化し、常に最新の「Internet Explorer」を利用するように呼び掛けている。

 なお、2016年1月12日以降サポートされるWindowsと「Internet Explorer」の組み合わせは以下の通り。

Windowsのバージョン Internet Explorerのバージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11

 これに伴い、「Internet Explorer 8」のサポートは2016年1月12日で打ち切られる。