ニュース

フォントレンダリングの調節が可能になった「Sleipnir 5 for Windows」v5.0.3が公開

“ウエイト”と“シャープネス”をそれぞれ±5段階に変更できる

「Sleipnir 5 for Windows」v5.0.3.4000

 フェンリル(株)は5日、定番Webブラウザー「Sleipnir 5 for Windows」の最新版v5.0.3を公開した。最新版の主な変更点は、フォントをレンダリングした際の見た目をユーザーが細かく調節できるようになったこと。

“カスタマイズ”ダイアログの“詳細”−“フォントレンダリング”画面

 フォントレンダリングの調節は、“カスタマイズ”ダイアログの“詳細”−“フォントレンダリング”画面から行える。プルダウンリストで文字の太さを調節する“ウエイト”と文字の鮮明度を調節する“シャープネス”をそれぞれ標準から±5段階に変更可能。

“ウエイト”-1、“シャープネス”+5で表示
“ウエイト”+1、“シャープネス”-5で表示

 さらに、新規タブによく見るWebサイトの最新記事を表示する“Site Updates”機能も改善され、記事のサムネイルの右下にあるボタンから、今後そのWebサイトをSite Updatesから除外することが可能になった。また、“カスタマイズ”ダイアログに“Site Updates”画面が追加され、除外したWebサイトを復帰させたり、Site UpdatesでログインしたFacebook/Twitterのログアウトが可能になっている。

そのWebサイトをSite Updatesから除外することが可能に
“カスタマイズ”ダイアログの“Site Updates”画面

 そのほか、ブックマークバーの描画パフォーマンスが改善された。また、マウス操作に割り当てられる機能が大幅に増強されている。

 本ソフトはWindows Vista/7/8に対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。

ソフトウェア情報

「Sleipnir 5 for Windows」
【著作権者】
フェンリル(株)
【対応OS】
Windows Vista/7/8
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
5.0.3.4000(14/02/05)

(長谷川 正太郎)