ニュース

「Janetter」PC版がTwitterの認証数上限に到達、既存ユーザーも含め新規登録が不可能に

アカウント登録済みの設定ファイルを大事にとっておこう

「Janetter」でアカウントの新規登録をしようとすると、ユーザー認証数の上限に達したことを示すメッセージが表示される
“Synclogue”を利用することで、同じ設定の「Janetter」を複数環境で利用可能

 (株)ジェーンの提供するTwitterクライアント「Janetter」のPC版が現在Twitterのユーザー認証数上限に達し、アカウントの新規登録ができない模様だ。本ソフトの公式サイトに告知文が掲載されているほか、編集部でも同ソフト上から新規登録が行えず、Twitter側で『現在、このアプリケーションはこれ以上ユーザーを認証できません。』というメッセージが表示されることを確認した。

 Twitterのユーザー認証数については、米Twitter, Inc.が2012年に“Twitter API Version 1.1”への移行に伴い上限を設けることを発表しており、当時からユーザーの多いクライアントを中心に、いずれ利用できなくなることが危惧されていた。すでに制限に到達したクライアントもモバイル系を中心に現れており、「Janetter」のAndroid版も新規登録ができなくなっている(有償のPro版は可能)。

 本制限は新規ユーザーに限らず「Janetter」とTwitterを連携済みの既存ユーザーにも影響し、既存ユーザーがPCの買い換えなどで「Janetter」を再インストールした際も、アカウントの新規登録ができなくなっている。

 なお、「Janetter」のWindows版はアプリケーションデータフォルダ(エクスプローラーで『%appdata%』と入力して表示されるフォルダ)以下の“Jane\Janetter2”フォルダに設定を保存している。そのため、既存ユーザーが新しいPCなどに「Janetter」をインストールした際は、このフォルダを新しいPCにコピーすることで再認証を行わずに同じ環境を使い続けることが可能だ。

 また編集部にて、アプリケーションのクラウド同期サービス“Synclogue”を利用することで、「Janetter」を複数環境にて再認証なしで利用できることを確認した。ただし、いずれもジェーン社の保証する使い方ではないため、自己責任で行ってほしい。

 現在の状況が根本的に解決するのは難しいと考えられるが、すでに「Janetter」を使っていないユーザーがTwitterのアプリ連携を取り消すことで、その分の認証可能数が回復する可能性はある。本ソフトに限らずすでに利用していないアプリと余計な連携を残していないか、定期的に見直していただければ幸いだ。

14:50追記:(株)ジェーンによると、すでにTwitterと連携済みのアカウントであれば、以下の方法で暫定的に問題を回避できるとのこと。

  1. アカウントの新規登録で『現在、このアプリケーションはこれ以上ユーザーを認証できません。』というページが開いたら、ページのURLから末尾の“&force_login=true”を削ったURLにアクセスする。
  2. ページの右上にある“ログイン”をクリックしてTwitterにログインする。
  3. 認証画面が表示され、認証が可能となる。

 なお、URLを削って表示されるページは、見た目上は最初のページと変わらない点に注意。また同社によると「Janetter」の次バージョンより、アカウント追加時にはURLに“&force_login=true”を付加しないよう仕様を変更するという。