ニュース

Adobe、6月末まで使える「Adobe Photoshop Lightroom 5」のベータ版を無償公開

“円形フィルター”機能や“Upright”技術を使った自動歪み補正機能が追加

「Adobe Photoshop Lightroom 5」ベータ版

 アドビ システムズ(株)は16日、ハイアマチュア・プロフェッショナル向け写真管理・レタッチソフト「Adobe Photoshop Lightroom 5」のベータ版を公開した。Windows 7/8などに対応しており、6月末まで無償で利用できる。現在、同社のWebサイトからダウンロードでき、ダウンロードにはAdobe Accountが必要。

 「Adobe Photoshop Lightroom」は、写真を管理・加工して公開するまでをワンストップで行える高機能レタッチソフト。次期バージョンとなる「Adobe Photoshop Lightroom 5」では主に、編集機能の強化が施されている。

“円形フィルター”機能

 たとえば、任意の位置を楕円形に選択してそこへ向かって徐々に明るさや色調の補正といったフィルターをかけられる“円形フィルター”機能が追加された。“円形フィルター”機能を使えば、写真の特定の位置を目立たせることが可能。

 また、被写体の歪みを自動で補正する“Upright”技術を使ったレンズ補正が可能になった。歪みの自動補正機能は現像画面の右サイドバーにある“レンズ補正”−“基本”パネルから利用可能。[レベル]ボタンを押すと傾いた写真が水平になるように自動で回転、[垂直方向]ボタンを押すと写真に写った垂直な線が平行になるように変形できる。さらに、[フル]ボタンを押せば[レベル]ボタンと[垂直方向]ボタンの効果を同時にかけることが可能で、[自動]ボタンでは必要と思われる効果を自動で判断してかけられる。

歪みの自動補正機能の適用前
歪みの自動補正機能の[フル]ボタンを使った状態

 加えて、修正ブラシも強化され、これまでは円形の範囲でしか修正できなかったものが、ブラシで任意の形に塗りつぶした場所を一括で修正することが可能になった。さらに、コピースタンプのコピー元候補を自動で選択し、[/]キーで候補を複数の中から切り替え可能。また、レンズに付いたゴミなどを探しやすくするため、被写体のエッジを表示する“スポットを可視化”機能も追加された。

修正ブラシ
“スポットを可視化”機能
“スマートプレビュー”機能

 そのほか、カタログ上だけで写真を加工し、あとから写真の本体に適用する“スマートプレビュー”機能が追加された。“スマートプレビュー”機能は、あらかじめ写真を“スマートプレビュー”として登録しておくことで利用可能。写真の本体を外付けHDDなどに退避し、PC内ではカタログを使って写真を管理している場合に、外付けHDDを外した状態で写真の加工を行えるのが便利。

 なお、現在ベータ版公開の連動企画“Photoshop Lightroomイチ推しつぶやき”キャンペーンが開催中。同キャンペーンでは「Adobe Photoshop Lightroom 5」ベータ版のもっとも勧めたい機能を、“#LR5beta”とURL“http://adobe.ly/LR5bjp”を付加してTwitterでツイートすると、抽選で「Adobe Photoshop Lightroom 5」の製品版が5名に当たる。

ソフトウェア情報

「Adobe Photoshop Lightroom 5」ベータ版
【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windows 7/8など
【ソフト種別】
フリーソフト(6月末まで)
【バージョン】
Beta 1(13/04/16)

(長谷川 正太郎)