ニュース

Piriform、重複ファイル削除機能が追加された「CCleaner」v4.00を公開

レジストリクリーニングやドライブデータの抹消機能などの性能も向上

「CCleaner」v4.00.4064
重複ファイルを検索・削除できる“ファイルファインダ”機能

 英Piriform Limitedは26日(現地時間)、システムクリーナーソフト「CCleaner」の最新版v4.00を公開した。最新版の主な変更点は、重複ファイルを検索・削除できる“ファイルファインダ”機能を追加したこと。

 “ファイルファインダ”機能は、“ツール”−“ファイルファインダ”画面から利用可能。“ファイルファインダ”画面では、重複ファイルの判定基準として“名称”“サイズ”“更新日”をチェックボックスで選択できるほか、システムファイルや隠しファイルなどを無視するオプションも用意されている。

 画面下部の[検索]ボタンを押すと検索が始まり、しばらくすると重複ファイルのリストが表示される。リストではチェックボックスで選択したファイルを一括削除できるほか、リストをテキストファイルとして保存することが可能。

 また、レジストリクリーニングやドライブデータの抹消機能などの性能が向上しているほか、スタートアップ検知機能のアルゴリズムが最適化されている。さらに、ソフトのアイコンもブラッシュアップされた。そのほか、有償の上位版「CCleaner Professional」には、システムを監視してクリーニングで節約できる容量が指定した値以上になった際や、Webブラウザーを閉じた際にソフトを実行できる機能が追加されている。

 本ソフトは、Windows XP/Vista/7/8および同64bit版に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。

ソフトウェア情報

「CCleaner」
【著作権者】
Piriform Limited
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/8(32bit版および64bit版)
【ソフト種別】
フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】
4.00.4064(13/03/26)

(長谷川 正太郎)