ニュース

「Firefox 20」がベータ版に、ウィンドウ単位でプライベートブラウジングが利用可能

新しいダウンロードマネージャーが搭載され、進捗の確認が手軽に

「Firefox」v20.0b1

 Mozillaは22日、Webブラウザー「Firefox」の次期バージョン「Firefox 20」のベータ版を公開した。本バージョンではプライベートブラウジング機能が改善されたほか、新しいダウンロードマネージャーが搭載されている。

 「Firefox 20」では、通常モードのウィンドウと“プライベートブラウジング”モードのウィンドウを複数同時に利用できるようになった。[プライベートブラウジングを開始]メニューが[新しいプライベートウィンドウ]メニューに置き換えられており、選択することで新規ウィンドウが“プライベートブラウジング”モードで起動できる。

 プライベートブラウジング機能とは、個人情報をローカルに残さずWebページを閲覧する機能で、「Firefox 3.5」から搭載されている。“プライベートブラウジング”モードの切り替えは、これまではアプリケーション単位で行われていた。

[新しいプライベートウィンドウ]メニュー
通常モードのウィンドウと“プライベートブラウジング”モードのウィンドウを複数同時に利用
「Firefox」のツールバーに統合されたダウンロードマネージャー

 一方、新しいダウンロードマネージャーは「Firefox」のツールバーに統合されており、ボタンやそのプルダウンから手軽にダウンロードの進捗が確認可能。

 さらに、一定時間応答のないプラグインを自動的に終了させ、ブラウザー本体のフリーズを防ぐ機能が新たに追加されたほか、Webページの読み込み、ダウンロード、プログラムの終了などといった処理が改善され、全体的なパフォーマンスが向上している。

 「Firefox」は、64bit版を含むWindows XP/Server 2003/Vista/7/8に対応するフリーソフトで、Mac OS X/Linux版も用意されている。現在、Mozillaのプレビュー版公開ページからダウンロード可能。

お詫びと訂正: 記事初出時、ダウンロードマネージャーに関する記述に、一部不正確な部分がありました。お詫びして訂正いたします。

ソフトウェア情報

「Firefox」Windows向けベータ版
【著作権者】
contributors to the Mozilla Project
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/7/8(64bit版を含む)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
20.0b1(13/02/22)

(柳 英俊)