NEWS(12/11/16 14:04)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

デスクトップ向け「SkyDrive」がアップデート、同期するフォルダを選択可能に

右クリックメニューから公開リンクの取得や“SkyDrive.com”でのプレビューも

「Microsoft SkyDrive」v2012(Build 17.0.2003.1112) 「Microsoft SkyDrive」v2012(Build 17.0.2003.1112)

 米Microsoft Corporationは15日(現地時間)、同社の運営するオンラインストレージサービス“SkyDrive”のWindows デスクトップ向け公式クライアントソフト「Microsoft SkyDrive」の最新版v2012(Build 17.0.2003.1112)を公開した。

 本バージョンにおける主な変更点は、ローカルと同期させるリモートフォルダを選択して、必要なファイル・フォルダだけを同期できるようになったこと。設定ダイアログに[フォルダーの選択]タブが追加されており、従来通り“SkyDrive.com(skydrive.live.com)”のファイル・フォルダをすべて同期するか、フォルダツリーでチェックをONにしたファイル・フォルダのみを同期するかが選べる。

 たとえば、ストレージに余裕のあるデスクトップPCでは“SkyDrive”をまるごとローカルと同期し、ディスクの空き容量に不安のあるモバイルPCでは比較的ファイルサイズが小さく、かつ利用頻度の高いドキュメントフォルダのみローカルと同期させるといった柔軟な運用が可能となる。

ローカルと同期させるリモートフォルダを選択して、必要なファイル・フォルダだけを同期 ローカルと同期させるリモートフォルダを選択して、必要なファイル・フォルダだけを同期 ローカルと同期させるリモートフォルダを選択して、必要なファイル・フォルダだけを同期

 また、ローカルの“SkyDrive”フォルダにあるファイル・フォルダの右クリックメニューが拡張。公開用のリンクを取得してメールで共有したり、画像ファイルやオフィス文書を“SkyDrive.com”でプレビューするといったことが簡単に行えるようになっている。

ファイル・フォルダの右クリックメニューから公開リンクの取得やWebプレビューが可能に ファイル・フォルダの右クリックメニューから公開リンクの取得やWebプレビューが可能に ファイル・フォルダの右クリックメニューから公開リンクの取得やWebプレビューが可能に

 Windows デスクトップ向け「Microsoft SkyDrive」は、32bit版および64bit版のWindows Vista/Server 2008/7/8に対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロード可能。すでに本ソフトを利用している場合は、バックグラウンドで自動的にアップデートされる。

【著作権者】
Microsoft Corporation
【対応OS】
Windows Vista/Server 2008/7/8(32bit版および64bit版)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2012(Build 17.0.2003.1112)(12/11/15)

(柳 英俊)