NEWS(12/10/24 17:21)

ブラウザー上でWindows Phone/Windows 8アプリが開発できる“TouchDevelop Web App”

「TouchDevelop」のWeb版に相当、Microsoft Researchがプレビュー公開

“TouchDevelop Web App” “TouchDevelop Web App”

 米Microsoft Corporationの研究機関Microsoft Researchは22日(現地時間)、Webブラウザー上でWindows Phone/Windows 8向けのアプリが開発できる“TouchDevelop Web App”をプレビュー公開した。Microsoft Researchは、タッチ操作のみでWindows Phoneアプリが開発できるスクリプト開発環境「TouchDevelop」をすでにリリースしているが、“TouchDevelop Web App”はそのWeb版に相当する。

 今回公開された“TouchDevelop Web App”プレビュー版は、タッチ操作に対応した7インチ以上のタブレット端末向けにデザインされている。もちろん、マウスやキーボードを利用することも可能。WebブラウザーはWindows 8に搭載されている「Internet Explorer 10」が推奨されており、開発したアプリはクラウドサービスを通じて複数のデバイスで共有できる。

 まだプレビュー版ということもあり、現時点では「TouchDevelop」に比べると機能は少ない。しかし、開発・実行用のアプリをインストールしなくてよい、Windows 8で動作する“Windows ストアアプリ”を開発できるなどといった点は、「TouchDevelop」にはない利点と言えるだろう。

 なお、“TouchDevelop Web App”で開発したWindows ストアアプリは、「Visual Studio 2012」の“JavaScript”ソリューションとして出力される。そのため、ビルド・実行するには、別途「Visual Studio 2012」もしくは「Visual Studio Express 2012 for Windows 8」が必要となる。

タッチ操作で開発が可能。もちろん、キーボードとマウスを使ってもよい タッチ操作で開発が可能。もちろん、キーボードとマウスを使ってもよい

Windows Phone/Windows 8向けのアプリとして出力可能 Windows Phone/Windows 8向けのアプリとして出力可能

(柳 英俊)