NEWS(12/10/18 15:04)

同じジャンルのソフトを探す(学習・プログラミング)

スクリプト言語「Dart」の誕生から1年、Googleが開発キット「Dart SDK」安定版を公開

「Dart VM」を内蔵した「Dartium」や「Eclipse」ベースの開発環境「Dart Editor」も

スクリプト言語「Dart」 スクリプト言語「Dart」

 米Google Inc.は16日(現地時間)、プログラミング言語「Dart」のソフトウェア開発キット「Dart SDK」の安定版を初めて公開した。Windows/Mac OS X/Linuxに対応しており、現在、公式サイト“dartlang.org”から無償でダウンロードできる。

 「Dart」は、Webアプリケーションのためのスクリプト言語。オープンソースで開発されており、初めてプレビュー版が公開されてからちょうど一周年にあたる。

 「Dart」には、大規模開発には必須のオブジェクト指向、静的型付け、構文スコープといったJavaScritに欠けた機能が多数盛り込まれている。実行はJavaと同じく仮想マシン(VM)上で行われる仕組みだが、VMがない環境ではJavaScriptへ変換して実行することも可能。

 今回、初めての安定版(M1)が公開された「Dart SDK」には、Dartスクリプトを実行するための仮想マシン「Dart VM」、DartスクリプトをJavaScriptへ変換するコンパイラー「dart2js」、パッケージ管理システム「Pub」、および各種ライブラリが含まれている。

 そのほかにも、「Dart VM」を内蔵した「Chromium」ベースのWebブラウザー「Dartium」や、「Eclipse」ベースの開発環境「Dart Editor」も用意されている。

「Dart Editor」 「Dart Editor」

「Dartium」 「Dartium」

【著作権者】
Google Inc.
【対応OS】
Windowsなど(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
M1(12/10/16)

(柳 英俊)