NEWS(12/09/03 14:32)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

Mozilla、「Firefox 16」のベータ版を公開

“Mozilla Marketplace”で購入可能な“Web アプリ”へ対応

「Firefox」v16.0b1 「Firefox」v16.0b1

 Mozillaは8月30日、「Firefox」の次期バージョン「Firefox 16」のベータ版を公開した。Windows XP/Server 2003/Vista/7および64bit版のVista/7に対応するフリーソフトで、Mac OS X/Linux版も用意されている。現在、Mozillaのプレビュー版公開ページからダウンロード可能。

 本ベータ版では、“Web アプリ”への対応が予定されている。“Web アプリ”はHTML5、JavaScript、CSSといったオープンなWeb標準技術を基盤としており、端末やOSに依存せず動作可能で、現在一部開発者向けに限定公開されている“Mozilla Marketplace”で購入できるようになるとのこと。

 そのほか、「Firefox 15」での採用が見送られた“インクリメンタルガーベジコレクション(Incremental GC)”がJavaScriptエンジンに搭載される。従来よりもメモリの開放に伴う停止時間が短縮されるため、プログラムの応答性改善が期待できる。

 さらに、Web開発に便利な“開発者ツールバー”を新たに搭載。“開発者ツールバー”はコマンドラインインターフェイスと「Firefox」が備えるさまざまな開発ツールへすばやくアクセスするためのボタンを備えており、[Shift]+[F2]キーで簡単に呼び出せる。

Web開発に便利な“開発者ツールバー” Web開発に便利な“開発者ツールバー”

 また、Android版「Firefox 16」のベータ版も公開されている。Android版では、Webページの本文を読みやすくする“リーダーモード”や、“Firefox Sync”を通じてタブをほかのデスクトップやモバイル端末に送信できる[共有]メニューが追加されている。

「Firefox」Windows向けベータ版

【著作権者】
contributors to the Mozilla Project
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/7/Vista x64/7 x64
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
16.0b1(12/08/30)

(柳 英俊)