NEWS(12/08/29 14:58)

国産の無償オンラインストレージサービス“ソラ箱”が終了、11月30日まで

必要なデータのバックアップを

オンラインストレージサービス“ソラ箱”が終了 オンラインストレージサービス“ソラ箱”が終了

 ホスティングサービス“SaaSes”を運営する日本ラッド(株)は28日、オンラインストレージサービス“ソラ箱”の提供を11月30日をもって終了すると発表した。

 “ソラ箱”は、非商用に限り5.1GBまで無償で利用可能できるオンラインストレージサービスとして2010年10月12日にスタート。約2年間に渡り、サービスを提供していた。Webブラウザーから利用できるほか、Windows/iPhone/Android版の専用クライアントが用意されている。

 サービスの終了日以降は、“ソラ箱”へアクセスできなくなるほか、アップロードされているすべてのデータは削除される。クライアントはサービスの終了日までダウンロード・利用可能で、同社ではそれらを利用するなどして必要なデータのバックアップをとるよう呼びかけている。なお、サポートは9月28日まで提供されるとのこと。

(柳 英俊)