NEWS(12/08/29 13:21)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

「Thunderbird 15」が正式公開、Twitter/Facebookクライアントを実装

“Critical”5件を含む全12件の脆弱性を修正

「Thunderbird」v15.0 「Thunderbird」v15.0

 Mozillaは28日、メールソフト「Thunderbird」の最新版v15.0を公開した。本バージョンでの主な変更点は、“チャット”機能を搭載したこと。

 “チャット”機能は、「Thunderbird」上で各種コミュニケーションサービスを利用可能にする機能。対応するサービスは、“Twitter”“Facebook”“IRC”“Google Talk”“XMPP”の5種類。たとえば“Twitter”では、「Thunderbird」上にタイムラインを表示し、ツイートや返信などを行える。

 また、「Thunderbird」上のメッセージを右クリックメニューからWeb検索した際に、トラッキング拒否機能“Do Not Track”を利用できるようになった。さらに、ファイルサイズの大きな添付ファイルをオンラインストレージサービスを利用して送信する“Filelink”機能で、“Ubuntu One”を選択できるようになった。加えて、タブやツールバーなどのユーザーインターフェイスが変更されている。

 そのほか、全12件の脆弱性が修正されている。このなかには、Mozillaの基準で4段階中最も深刻度の高い“Critical”に分類されるものが5件含まれている。

 本ソフトは、Windows XP/Server 2003/Vista/7および64bit版のVista/7などに対応するフリーソフトで、現在MozillaのWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

【著作権者】
contributors to the Mozilla Project
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/7/Vista x64/7 x64など
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
15.0(12/08/28)

(加藤 達也)