NEWS(12/07/12 14:32)

マイクロソフト、Windows Vista/7のガジェット機能を無効化するプログラムを公開

脆弱性の含まれるガジェットを使用した際に攻撃を受ける問題を回避できる

「Microsoft Fix it 50906」導入後、ガジェット機能を利用しようとした際に表示されるウィンドウ 「Microsoft Fix it 50906」導入後、ガジェット機能を利用しようとした際に表示されるウィンドウ

 マイクロソフトは11日、Windows Vista/7に搭載されているWindows サイドバーおよびガジェット機能を無効化するプログラム「Microsoft Fix it 50906」を公開した。

 マイクロソフトによると、使用しているガジェットに脆弱性が含まれている場合、攻撃者によって任意のコードを実行される恐れがあるという。「Microsoft Fix it 50906」を使用してWindows サイドバーおよびガジェット機能を無効化することで、この問題を回避できるとしている。

 また、「Microsoft Fix it 50906」によって無効化したWindows サイドバーおよびガジェット機能を有効化する「Microsoft Fix it 50907」も合わせて公開されている。

(加藤 達也)