NEWS(12/07/05 16:58)

GitHub、“Git”の使い方をWebブラウザーで学べるチュートリアル“Try Git”を公開

実際にリポジトリを作成し、ステップバイステップでコマンドが習得できる

“GitHub”の公式ブログ “GitHub”の公式ブログ

 プロジェクトホスティングサービス“GitHub”を運営する米GitHub Inc.は4日(現地時間)、バージョン管理システム“Git”の使い方をWebブラウザーで学べるチュートリアル“Try Git”を公開した。

 “Try Git”では、Webベースのコマンドラインシェルを利用して、“Git”のコマンドの利用方法をステップバイステップで学ぶことが可能。利用には“GitHub”のアカウントが必要で、OAuth認証を行うと自分のアカウントに“Try Git”という名前のリポジトリが作成され、“push”や“pull”といったコマンドを実際に試すことができる。

 なお、所要時間は15分程度。チュートリアルは英語で書かれているため、多少ハードルは高く感じるかもしれないが、“Git”や“GitHub”の初心者なら挑戦して損はないはずだ。

自分のアカウントに“Try Git”という名前のリポジトリが実際に作成され、ステップバイステップでコマンドが習得できる 自分のアカウントに“Try Git”という名前のリポジトリが実際に作成され、ステップバイステップでコマンドが習得できる 自分のアカウントに“Try Git”という名前のリポジトリが実際に作成され、ステップバイステップでコマンドが習得できる

(柳 英俊)