REVIEW(12/07/03)

同じジャンルのソフトを探す(画像・映像・音楽)

マイク入力やレコードのミックスにも対応したフリーの本格PCDJソフト「Mixxx」

BPM検出や自動テンポ合わせ、自動ノーマライズ、イコライザーといった機能を搭載

「Mixxx」v1.10.1 「Mixxx」v1.10.1

 「Mixxx」は、PC内の音楽ファイルをつなげて再生したり、スクラッチするといったDJプレイができるPCDJソフト。Windows XP/Vista/7/8および同64bit版などに対応するフリーソフトで、本ソフトの公式サイトからダウンロードできる。

 2つの出力系統をヘッドフォン用と外部出力用に分けて利用できるほか、BPMの検出や自動テンポ合わせ、自動ノーマライズ、3バンドのイコライザー、3種類のフィルター、フランジャーといった機能を備える。また、PCの外部入力を利用してマイクの音声をインサートしたり、PC内の音楽ファイルの代わりにPCへ接続したアナログレコード・CDプレイヤーの音をミックスできるほか、4系統のサンプラー機能も備えている。

 画面は上部に2つのプレイヤーとミキサーが、下部に音楽ライブラリが表示される。ライブラリ上の音楽ファイルはプレイヤー上へのドラッグ&ドロップなどでプレイヤーに読み込むことが可能。ミキサーには、クロスフェーダーや再生・一時停止ボタンのほか、ヘッドフォン出力のON/OFFボタン、エフェクトやイコライザー、フィルター、各プレイヤーの音量フェーダーが表示される。また、ボタンを押している間だけ指定位置から再生され、離すと再生を開始した位置に戻る[CUE]ボタンも備えている。

プレイヤー部分 プレイヤー部分

ミキサー部分 ミキサー部分

ライブラリ部分 ライブラリ部分

 プレイヤーとミキサーの境にあるフェーダーでは再生速度を変更可能。フェーダーの上部にある[SYNC]ボタンを押せば、自動でもう片方のプレイヤーに読み込んでいる音楽ファイルにテンポを合わせられる。なお、再生速度の変更は音程の変更に連動しており、たとえば再生速度を速くすると音程も高くなる仕組み。

円をドラッグしてスクラッチ 円をドラッグしてスクラッチ

 プレイヤー上には、読み込んだ音楽ファイルの波形の再生位置を拡大したものと全体の波形の2種類が表示されるほか、計測されたBPMや再生時間が表示される。拡大した波形をドラッグして左右へ動かすとスクラッチでき、全体の波形をクリックすると再生位置をクリックした位置までジャンプさせることが可能。また、レコードを模した円を表示し、円をドラッグしてスクラッチを行うことも可能。

 全体の波形の下部にあるボタン群では、再生位置やループなどのコントロールができる。最も左側の3つのボタンでは逆再生や再生しながらの早送り・巻き戻しができ、最も右の1から4までの数字のボタンでは、1度目に押した際の再生位置を記憶して2度目以降に押した際、その位置へジャンプさせることが可能。

 [−][+]ボタンに挟まれた[1/8]〜[16]までの8つのボタンでは、それぞれ書かれている数字の分だけ小節をループ再生可能だ。[−][+]ボタンはループ再生させる小節の長さを増やしたり、減らすボタンとなっている。また、その右の3つのボタンでは任意の開始位置と終了位置を指定してループ再生を行うことが可能。

1から4までの数字のボタン 1から4までの数字のボタン

書かれている数字の分だけ小節をループ再生できる[1/8]〜[16]ボタン 書かれている数字の分だけ小節をループ再生できる[1/8]〜[16]ボタン

 音楽ライブラリは左右2ペインに分かれており、右ペインに音楽ファイルのリストが表示され、左ペインのツリーでリストを切り替えられる。リストでは、PCに保存されている音楽ファイルをスキャンして登録した音楽ファイルを一覧表示するほか、任意のフォルダ内の音楽ファイルを表示したり、「iTunes」で管理している音楽ファイルやプレイリストを表示することが可能。

“Auto DJ”機能 “Auto DJ”機能

 また、右ペインから左ペインの[Auto DJ]項目へ音楽ファイルをドラッグ&ドロップで登録しておくと、自動でテンポを合わせて連続再生する“Auto DJ”機能を利用できる。さらに、[録音]項目を選択すると現在行っているDJプレイを録音して、あとで再生することが可能。そのほか、[解析]項目では任意の音楽ファイルをプレイヤーへ読み込む前に、あらかじめテンポを解析しておける。

DJプレイを録音 DJプレイを録音

あらかじめテンポを解析できる あらかじめテンポを解析できる

マイク入力・サンプラー・アナログレコードのコントローラーを表示 マイク入力・サンプラー・アナログレコードのコントローラーを表示

 マイク入力やサンプラー、アナログレコードのコントローラーは、標準では非表示になっており、ミキサーの中央付近にある[MIC][SAMPLER][VINYL]ボタンを押すことで現れる。マイクのコントローラーでは[TALK]ボタンを押している間だけマイクの音声がミックスされる仕組みで、マイクの音量を調節可能。

 サンプラーは、ライブラリから音楽ファイルをドラッグ&ドロップして登録し、1から4までの数字が書かれたボタンで再生開始位置を指定することで利用可能。つまり、1つの音楽ファイルにつき4種類の再生開始位置を指定でき、工夫すれば4系統合わせて16種類の音を利用できる。また、系統ごとに音量と再生速度を調節できるほか、右チャンネル・左チャンネルのみの再生にも対応する。

マイク入力のコントローラー マイク入力のコントローラー

サンプラー サンプラー

 そのほか、多数のMIDI接続型の外部コントローラーにも対応しており、本格的なDJプレイを楽しむことが可能。

【著作権者】
Mixxx Development Team
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/8/XP x64/Vista x64/7 x64/8 x64
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.10.1(12/06/30)

(長谷川 正太郎)