NEWS(12/04/26 14:55)

同じジャンルのソフトを探す(オフィス)

テキストエディター「gPad」v2.0.0が公開、Unicodeに対応

プロポーショナルフォントの表示にも対応

「gPad」v2.0.0 「gPad」v2.0.0

 テキストエディター「gPad」のメジャーバージョンアップ版となるv2.0.0が、26日に公開された。

 v1系からの主な変更点は、内部で保持する文字データをUnicode化したこと。これにより、Shift-JISでは表示できない文字が表示できるようになった。さらに、メイリオなどを含む、プロポーショナルフォントに対応した。

 また、正規表現に関する変更が加えられている。v2.0.0のベータ版初出時、正規表現ライブラリとして“TR1”が採用されていたが、正式版では“boost 1.49”が採用されている。なお、本ソフトの実行ファイル“gPad.exe”と同じフォルダへ正規表現ライブラリ“bregonig.dll”を置くことで、“bregonig.dll”を利用することも可能。

 「gPad」は、Windows 2000/XP/Vista/7に対応するフリーソフトで、現在作者のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

【著作権者】
UH 氏
【対応OS】
Windows 2000/XP/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.0.0(12/04/26)

(加藤 達也)