NEWS(12/04/13 16:51)

同じジャンルのソフトを探す(学習・プログラミング)

モバイル端末向けWebページのデバッグ支援ツール「Adobe Shadow」がv2.0に

ローカルホストURLのWebページやHTTP認証が必要なWebページのプレビューに対応

「Adobe Shadow」v2.0 「Adobe Shadow」v2.0

 米Adobe Systems Incorporatedは12日(現地時間)、モバイル端末向けWebページを一度に複数のiOS/Android端末でデバッグ・テストできるソフト「Adobe Shadow」の最新版v2.0を公開した。また、これと組み合わせて利用する「Google Chrome」用拡張機能の最新版v1.0.178も、同日公開されている。

 「Adobe Shadow」を利用すると、デスクトップ上の「Google Chrome」で表示したWebページを複数のモバイル端末で一度にプレビューし、効率よくテストやデバッグを行うことが可能。デスクトップへインストールするサーバーソフト(WindowsおよびMac OS Xに対応)、「Google Chrome」用の拡張機能、モバイル端末向けのクライアントソフト(iOSおよびAndroidに対応)の3つからなる。

 v2.0では、ローカルホストURL(http://127.0.0.1/ や http://localhost/)のWebページやHTTP認証が必要なWebページのプレビューが可能になったほか、URLの監視処理が改善されている。

 また、HTML5/CSS3/jQueryなどの技術を利用したアニメーション作成ツール「Adobe Edge」との連携も新たにサポート。「Adobe Edge」で製作中のコンテンツを「Adobe Shadow」を利用してプレビューできる。ただし、この機能を利用するには「Google Chrome」を既定のブラウザーへ指定しておく必要があるので注意。

 モバイル端末向けのアプリでは、第3世代iPadとの互換性改善、“Kindle Fire”のサポートなどが追加されている。また、キャッシュをクリアしてリロードするリフレッシュ機能を新たに搭載。プレビューページをタップして“Release to refresh…”というメッセージが現れるまで下方向に引っ張ってから放せば、Webページのリフレッシュが可能だ。

 なお、執筆時現在、iOS版アプリはまだ公開されていないようだ。Webページのリフレッシュ機能は、Android版アプリでのみ動作を確認している。

「Adobe Shadow」(Windows版)

【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windows 7で動作確認
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
2.0(12/04/12)

「Adobe Shadow」(「Google Chrome」拡張機能)

【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windowsなど(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.0.178(12/04/12)

(柳 英俊)