NEWS(12/02/21 15:05)

“ZumoDrive”が5月1日でサービス終了、ファイルのダウンロードツールが公開中

サービスが終了するとオンラインストレージ上のファイルを取り出せなくなる

 オンラインストレージサービス“ZumoDrive”が5月1日にサービスを終了することが発表された。現在クライアントソフトのダウンロードはできるものの、新規アカウントは作成できない状態になっている。

 “ZumoDrive”は、複数のPC・携帯デバイス間でファイルを自動同期・共有できるオンラインストレージサービス。ローカルにはファイルの実体を保存せず、ファイル情報のみが保存されており、ファイルを使用する際にオンラインストレージから自動でダウンロードされる仕組みを採用している。そのため、サービスが終了するとオンラインストレージ上のファイルを取り出せなくなってしまう。

「ZumoDrive Downloader tool」 「ZumoDrive Downloader tool」

 そこで“ZumoDrive”では、同サービスのオンラインストレージからファイルを一括ダウンロードするためのツール「ZumoDrive Downloader tool」を公開している。「ZumoDrive Downloader tool」を使っても5月1日以降はファイルをダウンロードできなくなるため、同サービスのユーザーはなるべく早めにファイルをダウンロードしておこう。

(長谷川 正太郎)