NEWS(12/01/20 15:07)

同じジャンルのソフトを探す(圧縮・解凍・ランタイム)

デスクトップ版「Adobe Flash Player 11.2」「Adobe AIR 3.2」のBeta 4が公開

GPUハードウェアアクセラレーションの利用に関する制限が緩和

「Adobe Flash Player」Beta 4 11.2.202.183 「Adobe Flash Player」Beta 4 11.2.202.183

「Adobe AIR」Beta 4 3.2.0.1720 「Adobe AIR」Beta 4 3.2.0.1720

 米Adobe Systems Incorporatedは19日(現地時間)、デスクトップ向けの「Adobe Flash Player 11.2」および「Adobe AIR 3.2」のBeta 4を公開した。Windows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7などに対応するフリーソフトで、現在同社のラボサイト“Adobe Labs”からダウンロードできる。

 「Adobe Flash Player 11.2」「Adobe AIR 3.2」は、クロスプラットフォームで動作するコンテンツ再生・アプリケーション実行環境「Adobe Flash Player」「Adobe AIR」の次期バージョン。マルチスレッドを活用した動画再生機能や、セキュリティ更新を容易にするバックグラウンドアップデート機能が搭載される。

 今回公開されたBeta 4では、GPUハードウェアアクセラレーションの利用に関する制限が緩和された。これまでグラフィックドライバーが2009年1月1日以前に作成された古いものである場合、システムの安定性を優先するためハードウェアアクセラレーションが一律無効とされていたが、本バージョンではこの制限が2008年1月1日以前にまで緩和される。

 同社によると、GPUベンターと協力してドライバーの互換性テストを進めており、動作しないものに関してはブラックリストに加えているという。今回の制限の緩和はこれを受けたもので、これまでのテストで互換性の確認がとれたものに関しては2008年当時のGPUでもハードウェアアクセラレーションの恩恵を受けられるようになる。

 そのほか、新たに“スロットルイベント(ThrottleEvent)”が追加された。たとえば、Webブラウザーのタブがアクティブでない場合に、「FlashPlayer」がコンテンツ再生のフレームレートを低く設定する(スロットル)といった使い方が想定されているようだ。

「Adobe Flash Player」

【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/7 x64
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
Beta 4 11.2.202.183(12/01/19)

「Adobe AIR」

【著作権者】
Adobe Systems Incorporated
【対応OS】
Windows XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7など
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
Beta 4 3.2.0.1720(12/01/19)

(柳 英俊)