NEWS(11/12/09 15:54)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

デスクトップ向けTwitter公式クライアント「TweetDeck」がリニューアル

“Adobe AIR”から“Qt”ベースのネイティブアプリに

「TweetDeck」 「TweetDeck」

 米Twitter, Inc.は8日(現地時間)、Twitter/Facebook用のマルチカラム型クライアントソフト「TweetDeck」の最新版を公開した。Windows XP以降などに対応するフリーソフトで、Mac OS X版も公開されている。現在、本ソフトのWebサイトからダウンロードできる。

マルチアカウント対応で複数のカラムを登録可能 マルチアカウント対応で複数のカラムを登録可能

 「TweetDeck」は、クロスプラットフォーム対応のマルチアカウント・マルチカラム型クライアントソフト。本ソフトを開発していた英TweetDeck, Inc.は今年5月、米Twitterに買収されており、デスクトップ向けのTwitter公式クライアントと位置づけられている。

 本ソフトは、当初“Adobe AIR”ベースのアプリケーションだったが、本バージョンではクロスプラットフォームのアプリケーション開発フレームワーク“Qt”を利用したネイティブアプリケーションとなっており、動作速度の向上が期待できる。

 本ソフトの特長は、無償で取得できる“TweetDeck”アカウントにTwitterとFacebookのアカウントを複数紐付けて利用する仕組みになっており、「Google Chrome」アプリ版「TweetDeck」などとアカウントの設定を共有できること。投稿時に日時を指定できるスケジュール投稿機能を備えるのもユニーク。そのほか、URL短縮サービスとして“t.co(Twitter)”と“bit.ly”、画像共有サービスとして“Twitter”“Twitpic”“yfrog”を選択できる。

“TweetDeck”アカウントにTwitterとFacebookのアカウントを複数紐付けて利用する仕組み “TweetDeck”アカウントにTwitterとFacebookのアカウントを複数紐付けて利用する仕組み

「Google Chrome」アプリ版「TweetDeck」とアカウントの設定を共有 「Google Chrome」アプリ版「TweetDeck」とアカウントの設定を共有

投稿時に日時を指定できるスケジュール投稿機能を備える 投稿時に日時を指定できるスケジュール投稿機能を備える

URL短縮サービスとして“t.co(Twitter)”と“bit.ly”、画像共有サービスとして“Twitter”“Twitpic”“yfrog”を選択可能 URL短縮サービスとして“t.co(Twitter)”と“bit.ly”、画像共有サービスとして“Twitter”“Twitpic”“yfrog”を選択可能

 また、Twitterは同日、モバイル向けWebページ、iPhone版アプリ、Android版アプリについても、新しいデザインを採用した最新版をリリースしている。デスクトップ向けのWebページについても今後数週間以内に新デザインが全ユーザーに提供される見込みで、iPad版アプリやそのほかのプラットフォームについてもリニューアルが予定されている。

「TweetDeck」(ネイティブアプリ版)

【著作権者】
Twitter, Inc.
【対応OS】
Windows XP以降など(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
-(11/12/08)

「TweetDeck」(「Google Chrome」アプリ版)

【著作権者】
Twitter, Inc.
【対応OS】
(編集部にてWindows 7で動作確認)
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
1.0(11/12/08)

(柳 英俊)