NEWS(11/10/12 17:24)

同じジャンルのソフトを探す(画像・映像・音楽)

Apple、“iTunes in the Cloud”を正式搭載した「iTunes」v10.5を公開

iOS 5に対応して無線LAN経由で楽曲などの同期が可能に

「iTunes」v10.5.0.142 「iTunes」v10.5.0.142

 米Apple Inc.は11日(現地時間)、iOS機器と同期できるメディアプレイヤー「iTunes」の最新版v10.5.0.142を公開した。最新版の主な変更点は、Appleが提供するクラウドサービス“iCloud”を利用した同期機能“iTunes in the Cloud”を正式搭載したこと。

 “iTunes in the Cloud”では、「iTunes」上で購入したiOSアプリやオーディオブックを、同じアカウントを利用しているほかのパソコンの「iTunes」やiPhone/iPadなどのiOS機器へ自動でダウンロード可能。たとえば、iPhoneをケーブルで接続しなくても、パソコン上の「iTunes」で購入したアプリがiPhoneにダウンロードされてすぐに利用できるようになる。

設定ダイアログの“Store”画面 設定ダイアログの“Store”画面

 “iTunes in the Cloud”を利用するには、まず「iTunes」で[編集]メニューの[設定]項目から設定ダイアログを開き、“Store”画面の“自動的にダウンロード”エリアで“アプリケーション”や“ブック”チェックボックスをONにする。次に、iOS機器の設定画面の“Store”ページで同じようにチェックボックスをONにすることで自動ダウンロードが行える状態になる仕組み。

 さらに、“iTunes Store”で以前購入したiOSアプリやオーディオブックを、追加料金を支払わずに複数のコンピューターやiPhone/iPad/iPod touchで再ダウンロードすることが可能となった。なお、米国内では購入した楽曲の自動ダウンロードや購入済み楽曲の再ダウンロードができるものの、現在日本国内では楽曲の自動ダウンロードなどには対応していない。

 また、米国時間で12日に公開される予定のiOS 5に対応し、無線LAN経由で楽曲などの同期が可能になった。加えて、これまで同梱されていた「QuickTime」が同梱されなくなっている。

 そのほか、バッファオーバーフローによりアプリケーションの強制終了やコードの実行が可能になる脆弱性など多数の脆弱性が修正されている。

 「iTunes」は、Windows XP/Vista/7および64bit版のVista/7に対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。

【著作権者】
Apple Inc.
【対応OS】
Windows XP/Vista/7/Vista x64/7 x64
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
10.5.0.142(11/10/11)

(長谷川 正太郎)