NEWS(11/09/28 12:10)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

Mozilla、「Firefox 7」を正式公開

メモリ使用量が大幅に削減、起動時間も短縮

「Firefox」v7.0 「Firefox」v7.0

 Mozillaは27日、Webブラウザー「Firefox」の最新正式版v7.0を公開した。Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/7に対応するフリーソフトで、現在MozillaのWebサイトからダウンロードできる。

 v7.0では、メモリ使用量の削減や起動時間の短縮が施された。とくにメモリ使用量削減の効果は著しく、過去のバージョンと比較するとおおむね20%から30%、多いときで50%もの削減に成功しているという。

 また、HTML5の“canvas”要素のレンダリングを行うAPIとして、Direct2Dを利用した新しいAPI“Azure”が採用された。“Firefox Sync”も改良され、ブックマークやパスワードを追加・変更した際にデータが瞬時に同期されるようになっている。

 一方、ユーザーインターフェイスの改善は、アドレスバーのURL表示の変更にとどまる。“http://”の表記が省略されるようになり、“https://”などほかのプロトコルを利用している場合との見分けが容易になっている。

「Firefox 6」のアドレスバー 「Firefox 6」のアドレスバー

「Firefox 7」のアドレスバー 「Firefox 7」のアドレスバー

各コンポーネントのメモリ使用量をツリー形式で確認できる“about:memory”ページ 各コンポーネントのメモリ使用量をツリー形式で確認できる“about:memory”ページ

 そのほか、HTML5/CSS3への対応も強化。CSS3の“text-overflow”プロパティの値として“ellipsis”がサポートされたほか、WebSocketの実装が最新仕様に対応したものへと更新された。また、Webページの読み込みなどにかかった時間を取得できる“Navigation Timing”にも対応しており、Webアプリのパフォーマンス分析が可能。さらに、各コンポーネントのメモリ使用量をツリー形式で確認できる“about:memory”ページが追加されている。

 なお、Android版「Firefox」v7.0も同日公開された。Android版の変更点は、テキストのコピー&ペーストへの対応と、アプリを明示的に終了できるようになったこと。加えて、Android版としては初めてWebSocketに対応している。

【著作権者】
contributors to the Mozilla Project
【対応OS】
Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/7
【ソフト種別】
フリーソフト
【バージョン】
7.0(11/09/27)

(柳 英俊)