NEWS(11/08/03 13:38)

無料オンラインストレージサービス“Nドライブ”の容量が10GBから30GBへ大幅増量

“Windows Live SkyDrive”の25GBを超える大容量ストレージへ

「Nドライブエクスプローラー」v1.1.0.4 「Nドライブエクスプローラー」v1.1.0.4

 ネイバージャパン(株)は3日、無料オンラインストレージサービス“Nドライブ”の最大保存容量を30GBへと増量したことを発表した。本サービスで利用可能な容量は当初5GBだったが、昨年12月に10GBへと倍増。今回さらに3倍にまで拡大されており、“Windows Live SkyDrive”の25GBを超える大容量ストレージへと成長している。

 “Nドライブ”はWebブラウザーからの利用のみならず、Windowsの仮想ドライブとして利用可能にするクライアント「Nドライブエクスプローラー」、IE/Firefox用ツールバー「NAVERツールバー」、iPhone/iPad/Android向けのクライアントソフトなど、さまざまなデバイス・利用形態に対応したクライアントが用意されている。そのほかにも、ファイルの共有や写真のスライドショー機能、オフィスファイルのプレビュー機能など、多くの便利な機能を備えるのが魅力だ。

 また、今回の容量追加に伴い、Mac OS X版のクライアントが追加で公開された(Mac OS X Lionには非対応)ほか、1ファイルあたりのサイズ制限が緩和された。「Nドライブエクスプローラー」を利用する場合、4GBまでのファイルを“Nドライブ”へアップロード可能。そのほか、1ファイルあたり50MBを超えるファイルは合計で1GBまでしか保存できないという、大容量ファイル保存制限も撤廃されている。

 なお、「Nドライブエクスプローラー」Windows版もアップデートされており、現在v1.1.0.4を同社のWebサイトや窓の杜ライブラリから無償でダウンロードできる。Windows XP/Vista/7に対応しており、利用の際には無償で取得できる“NAVERアカウント”が必要。

(柳 英俊)