NEWS(11/06/16 13:51)

日本における「Internet Explorer 9」の自動更新が21日から順次開始

専用のツールで自動更新をブロックすることも可能

 日本マイクロソフト(株)は16日、「Internet Explorer 9」(以下、IE9)の日本国内における自動更新を21日より順次開始すると発表した。日本を除く世界各国では4月19日(日本時間)より自動更新が開始されていたが、日本では東日本大震災の影響を考慮して配信が延期されていた。

 IE9の自動更新は、“Windows Update”および“Microsoft Update”を通じて配信される。更新プログラムが利用可能になると、デスクトップへバルーンによる通知が行われ、“インストールする”“インストールしない”“後で確認する”の3つからオプションを選択できるようになるとのこと。

 なお、IE9の自動更新を受けたくない場合は、同社の配布している「Toolkit to Disable Automatic Delivery of Internet Explorer 9」をあらかじめインストールすることで、自動更新を抑止することが可能。同ソフトは同社のダウンロードセンターからダウンロードできる。

(柳 英俊)