NEWS(11/05/13 16:59)

同じジャンルのソフトを探す(システム・ファイル)

Futuremark、Windows 7専用ベンチマークソフト「PCMark 7」を公開

基本的なテストが行えるBasic Editionは非商用に限り無償で利用可能

「PCMark 7」v1.0.4 「PCMark 7」v1.0.4

 米Futuremark Corporationは12日(現地時間)、PCのアプリケーション実行における総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフト“PCMark”シリーズのWindows 7専用版となる「PCMark 7」v1.0.4を公開した。Windows 7および同64bit版に対応しており、基本的なテスト“PCMark test”のみが行えるBasic Editionは非商用に限り無償で利用可能。“Entertainment test”“Creativity test”といった目的別の詳細なテストが行えるAdvanced Editionは39.95米ドル、商用利用も可能なProfessional Editionは995.00米ドルのライセンスを購入する必要がある。現在、同社のWebサイトからダウンロードできる。

 「PCMark 7」Basic Editionでは、動画やDirectX 9を使ったグラフィック表示、Webブラウジングのパフォーマンスなどのほか、Windows Defenderを利用した際や画像をインポートした際、ゲームをプレイした際を想定したストレージパフォーマンスの測定が可能。動画やDirectX 9を使ったグラフィック表示のパフォーマンステストを行う際には実際にグラフィックが表示される。計測結果は同社のWebサイト上に投稿され、Webブラウザーで確認する仕組み。

動画のパフォーマンステスト 動画のパフォーマンステスト

DirectX 9を使ったグラフィック表示のパフォーマンステスト DirectX 9を使ったグラフィック表示のパフォーマンステスト

Webブラウジングのパフォーマンステスト Webブラウジングのパフォーマンステスト

計測結果はWebブラウザーで確認できる 計測結果はWebブラウザーで確認できる

 Advanced Editionでは、DirectX 10を使ったグラフィック表示のパフォーマンスなどより詳細なテストが行えるほか、測定結果をオフラインで管理できる。また、Professional Editionでは、コマンドラインによる自動化が行えるほか、優先的なサポートを受けられる。

【著作権者】
Futuremark Corporation
【対応OS】
Windows 7/7 x64
【ソフト種別】
シェアウェア 39.95米ドルほか(Basic Editionは無料で利用可能)
【バージョン】
1.0.4(11/05/12)

(長谷川 正太郎)