NEWS(11/03/24 11:16)

同じジャンルのソフトを探す(インターネット・セキュリティ)

複数バージョンのIEでデザインを確認できる「SuperPreview」が更新、IE9に対応

ベータ版のオンラインサービスを通じてFirefox/Chrome/Safariとも比較可能

「Expression Web SuperPreview」v4.0.1241.0 「Expression Web SuperPreview」v4.0.1241.0

 米Microsoft Corporationは17日(現地時間)、複数バージョンのIEでWebページのレンダリング結果をプレビュー・比較できるMicrosoft製ソフト「Expression Web SuperPreview」の最新版v4.0.1241.0を無償公開した。本バージョンの主な変更点は、IE9やサードパーティ製Webブラウザーを利用したWebページのプレビューが可能なWebサービス“リモート ブラウザー”のベータ版が、本ソフトから利用できるようになったこと。

 編集部にて試用したところ、本サービスはIE9のほか「Google Chrome」、「Firefox」v3.6.15、Mac版の「Safari」v4/5に対応しており、指定したWebブラウザーのレンダリング結果を取得してプレビューできる。なお、本機能を利用するにはメールアドレスの登録が必要。

“リモート ブラウザー”でIE9やサードパーティ製Webブラウザーでのプレビューが可能 “リモート ブラウザー”でIE9やサードパーティ製Webブラウザーでのプレビューが可能 “リモート ブラウザー”でIE9やサードパーティ製Webブラウザーでのプレビューが可能

プレビュー対象のWebページを指定する方法として“ページ対話モード”が新たに追加 プレビュー対象のWebページを指定する方法として“ページ対話モード”が新たに追加

 また、プレビュー対象のWebページを指定する方法として“ページ対話モード”が新たに追加された。“ページ対話モード”では、専用ダイアログ上にあるWebブラウザーでリンクを手動でたどりながら対象Webページを選択可能。さらに、Cookieベースの認証にも対応しているので、通常はプレビューが不可能な認証つきWebページのプレビューも行える。

IE9 RC版はローカルのレンダリングエンジンとしては利用できなかった IE9 RC版はローカルのレンダリングエンジンとしては利用できなかった

 そのほか、ローカルにインストールしたIE9 ベータ版をプレビューエンジンとして利用可能になったとのこと。ただし、編集部にて現在国内で公開されている最新版のIE9であるリリース候補(RC)版をインストールして本ソフトを試用したところ、ローカル動作するレンダリングエンジンとしては利用できなかった。

 「Expression Web SuperPreview」はWindows XP/Vista/7に対応しており、現在同社のダウンロードセンターからダウンロード可能。「Microsoft Expression Web 4」に含まれるツールの単体試用版として無償提供されており、60日間すべての機能を試用できる。試用期間が過ぎたあともローカルで動作するIE6/7/8を利用したプレビューは可能だが、“リモート ブラウザー”と“ページ対話モード”は利用できなくなるので注意。なお、動作には.NET Framework 4および「Silverlight」v4.0が必要。

【著作権者】
Microsoft Corporation
【対応OS】
Windows XP/Vista/7
【ソフト種別】
試用版(60日間すべての機能を利用可能、その後は一部機能に制限あり)
【バージョン】
4.0.1241.0(11/03/17)

(柳 英俊)